key::HORIZON

Livox史上初の500 m検知範囲の自動車用LiDAR

148000円[1]

デモ動画を視聴
高度長距離検知用に設計されたLivox Tele-15は、コンパクトかつ高精度で耐久性も備えています。よって、高速移動中、車両は事前に障害物を検知し、回避することができます。
  • 500 m

    検知範囲[2]

  • 2 cm

    範囲精度[3]

  • 円形 15°

    FOV

  • テュフ ラインランド

    クラス1 安全認証

  • 0.03°

    角度精度

  • -40° ~ 85°

    温度範囲

長距離

Tele-15は、信頼性の高い最大検出範囲500 mを実現し、高速自動運転車両の安全性をさらに強化します。

高精度、高密度

Livox独自の技術が実現する15°のナローFOVと多重走査パターンで、Tele-15は長距離からでも極めて高い点群密度を達成します(FOV内に240,000点/秒で照射)。

非反復走査パターン

Tele-15は、従来のLiDARセンサーで使用されている反復リニア走査パターンとは大きく異なり、非反復走査パターンを搭載しています。FOV内での走査領域は、積分時間が長くなるにつれて大きくなります。わずか100ミリ秒でFOVの99.8%をカバーするTele-15は、現在市場で入手可能なレーザー線数128本のメカニカルLiDAR センサーよりも優れた性能を発揮します。これにより、運転中、より遠くまで詳細に確認できます。

長距離

Tele-15は、信頼性の高い最大検出範囲500 mを実現し、高速自動運転車両の安全性をさらに強化します。

高精度、高密度

Livox独自の技術が実現する15°のナローFOVと多重走査パターンで、Tele-15は長距離からでも極めて高い点群密度を達成します(FOV内に240,000点/秒で照射)。

非反復走査パターン

Tele-15は、従来のLiDARセンサーで使用されている反復リニア走査パターンとは大きく異なり、非反復走査パターンを搭載しています。FOV内での走査領域は、積分時間が長くなるにつれて大きくなります。わずか100ミリ秒でFOVの99.8%をカバーするTele-15は、現在市場で入手可能なレーザー線数128本のメカニカルLiDAR センサーよりも優れた性能を発揮します。これにより、運転中、より遠くまで詳細に確認できます。

テュフ ラインランドの安全に関する認証書

Tele-15は大口径屈折走査パターンを採用しており、同軸光学システムを使って、500 mもの長距離から物体を検知することができます。使用されている905 nmのレーザー出力は、テュフ ラインランドの認証を受けており、眼部に対する安全基準(クラス1)を満たしています。

広がるLivox LiDARの可能性

SDK

Livox SDKは、Linux/Windows/ROSなど様々なプラットフォームとC/C ++/Pythonの開発言語に対応しており、LivoxのLiDAR センサーをどのようなプラットフォームでも簡単に利用することができます。また、LivoxはSLAMのような使用頻度の高いアルゴリズムと、外部パラメーターキャリブレーションを利用することにより、LiDAR センサーを最大限に活用できます。

ラベリングされたデータ

Livoxは、車両/通行人/自転車などの頻繁に目にする物体をラベリングし、データを提供します。これによりアルゴリズムの正誤を素早く確認でき、ラーニングコストが下がることで、作業効率が上がり、Livox LiDAR センサーのさらなるメリットを実感いただけます。

高性能でありながら、低価格を実現

高い安定性と信頼性

高い安定性と信頼性

Tele-15は、無回転光電子部品を用いた革新的な光電子工学システム設計を採用しています。その結果、他のメカニカルLiDARユニットと比較して、より高い信頼性とより長い耐用期間を実現します。また、この設計は、高コスト、短い検知範囲、未成熟な開発から起こりうる欠陥など、ソリッドステート式LiDARユニットでよく生じる問題を回避します。Tele-15 センサーは、VW80000と自動車部品の国際規格ISO16750に適合するように設計されています。パフォーマンス全体で、自動運転レベル3やレベル4の要件を満たしています。

大量生産

大量生産

大規模の大量生産によってもたらされた製造コスト面におけるメリットに加え、Tele-15 LiDARセンサーの光学システム全体には、低コストで信号収集に素晴らしい性能を発揮できる、入手しやすく認証済みの部品が使用されています。その結果、Livox LiDAR センサーユニット1つが、非常に購入しやすい低価格を実現しています。

コスト面におけるメリット

コスト面におけるメリット

特許を取得した多重レーザー送受信モジュールの統合や実装技術(DL-Pack)、光電システムソリューション、高度にモジュール化され自動化された生産ライン設計により、Livoxは時間を要するマニュアルフォーカスやその他のプロセスを減らし、LiDARの大量生産と実用化を実現します。

TELE-15

148000円[1]

備考1. 価格は工場渡し条件の対象になります。

備考2. 25°Cの環境下で測定(レーザーの照準を直接、また垂直に定めて測定)。

備考3. 25°Cの環境下で測定(対象物からの距離20 mおよび反射率80%)。