key::v4.hap.title

Livox初の連続生産向け車載グレードLidar

Watch Video
2年以上かけて、Livoxが開発したLivox HAPはインテリジェント運転支援システム用に設計された当社初の車載グレードLiDARです。HAPは車載グレード信頼性試験項目のうち、最大74項目に適合し、2021年第4四半期にはLivoxの自社最新の車載グレード製造センターで連続生産を開始します。LivoxはXpeng(小鵬汽車)とFAW(第一汽車集団)が大量生産を予定する新モデル向けにHAPを供給するパートナーシップを獲得し、 両社による卓越した安全性と乗り心地を実現した、業界をリードするスマート運転システムの構築を支援します。
  • 150m @10%

    検知範囲

  • 120°x 25°

    視野角

  • 144 lines

    点群密度は

  • 0.16°x 0.2°

    角分解能

  • 450,000 pts/s

    点率

  • 20 Hz

    FPS

車載グレード性能発揮のために厳格に試験を実施

HAPはLivoxの自社試験センターで70項目を超える車載グレード信頼性試験を受け合格しています。中国合格評定国家許可委員会(CNAS)標準に基づき建設されたこの工場は最新鋭の試験機器を備え、業界をリードする専門家チームにより運営されています。この構成によりLivoxは驚くほど効率的な試験機能を持ち、HAPが大手自動車メーカーの標準とISO 16750などの産業規格に対応することを可能にします。
Mechanical Shock
Vibration Test (Under Damp Heat Cyclic)
Dust test
Electrostatic discharge test
Water Protection-IPX9K
Water Protection-IPX6K
Bulk Current Injection test
Salt spray test

大量生産が使命

Livoxの最新スマート車載グレード製造センターは、その第1フェーズで1,500平方メートルの製造エリアが計画されています。それぞれ最大200,000個の年間生産容量を誇る、完全に自動化されたLiDAR組み立てラインを装備し、さらに設計PPM(百万分率)が10という複数台の世界クラスSMT(表面実装技術)生産ラインに支援された、この製造センターは、自社の中核をなすLiDARコンポーネントの効率的な製造に向けた、Livoxにおける将来の拡張ニーズを満たすことができます。

より賢い運転体験を実現する優れた性能

検知範囲

HAPの検知範囲は150 mまで拡張されました。これにより高速道路や一般道を走行中に自動運転システムが、遠くにあるどんな障害物でもより早く、いとも簡単に検知できるようになります。

視野角

HAPは120°の水平FOVを備えています。デュアルセンサーの取り付けにより、HAPにより車両は180°の超点群FOVが装備されます。これにより、車両の割り込みや交差点での右左折などの難しい状況で、システムの運転能力が大きく強化されます。

点群密度

最大0.16°*0.2°の角分解能を持つHAPは、ROI(関心領域)に対して144ラインLiDAR相当の点群密度を誇ります。点群密度が強化されたことにより、環境認知をよりリアルにし、歩行者、自転車さらに道路上の交通コーンを含む、遠くの路面上にある小物体の正確な検知が可能となります。

超FPSによる安全性強化

精巧に設計された回転ミラー技術により、Livoxは最新の「超FPS」(1秒当たりのフレーム数)LiDAR技術概念を開発し適用しました。車両が走行中には、LiDARのFOVのROI範囲内にある物体は残りのエリアに対して2回スキャンされます。この機能により、高速度での運転時または周囲が歩行者や自転車で混雑しているときに安全性が強化されます。
replay

HAP