Horizon

Livox Horizonは、全自動運転用に設計された高性能LiDARセンサーです。特に、Horizonは、長距離検知/高精度/コンパクトサイズといったMid-40の主な特徴を持ちながら、より広域なカバー範囲のFOV(視野角)を実現します。

長距離かつ高精度

Horizonは、Mid-40と同様の高度光電子システム設計を搭載し、鮮明で詳細に計測できる長距離測定を実現します。すべてのLivoxセンサー は、IEC 60825-1:2014(クラス1、眼部に対する安全性要求)に完全準拠しています。

検知範囲:
260 m (反射率 80%)

反射率が80%の場合、検知範囲は260 mを達成します。また、反射率が20%の場合には、検知範囲は最大で130 mです。¹

距離精度:
2 cm

検知精度2 cmを達成 。²

角度精度:
0.1°

垂直及び水平角度精度は0.1°を達成。

広域なFOV

Mid-40の円形のFOVと比べ、Horizonユニットは水平方向80°、垂直方向25°の長方形のFOVを提供します。これは、Mid-40の水平方向FOVの2倍で、わずか5台のHorizonユニットを使用するだけで、360°をフルカバーできます。

高密度なカバー率

Horizonは、独自のDL-Pack技術を採用したマルチライン走査パターンで、Mid-40と比較して約3倍高密度な点群範囲を提供します。これにより、より詳細なFOVをリアルタイムで検知、特定、活用し、より安全な自律移動を実現します。

詳細はコチラ

大量生産 が可能

Horizonは、独自開発のデバイスレベルの光電子システムを採用し、Mid-40と同様に大量生産が可能です。このように、高性能でありながら、同時に量産も可能であることから、大規模な開発と自律型アプリケーション試験に対応し、全自動運転車両の大量生産を実現します。

高い信頼性

システムレベルの運用から、個々の構成要素まで、Horizonは極めて高い信頼性を実現するように設計されています。具体的に言えば、Mid-40には可動電子機器が使用されていません。また、Mid-40は、自動車産業で必須の高温耐久試験、塩水噴霧試験や、その他の信頼性試験を受けています。さらに、防水保護等級はIP67規格を達成、防塵性能はGB 4208-2008およびIEC 60529規格を満たしています。³

環境への適応

100キロルクスの明るい環境から、視界の悪い暗い環境まで、Horizonは様々な状況下で安定した性能を維持します。ユニットに内蔵されている革新的なノイズ除去アルゴリズムによって、Horizonは雨や霧、粉塵といった大気粒子や、別のLiDARユニットからの干渉によるノイズを効果的に削減することができます。

Horizon

1. レーザーの照準を25°Cで対象に直接定めて測定。
2. 25°Cで測定(対象物からの距離20mおよび反射率80%)。
3. 使用しているファンはIP 55規格です。